平成29年4月吉日

 各位      

                                                 全日本抜刀道連盟

                                                会長 酒井田善衛門

 

第四十一回全国大会、第八回植木杯争奪戦大会開催のお知らせ

 新緑の候、貴支部ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。日頃は連盟運営に対しご協力頂き感謝申し上げます。

さて、全日本抜刀道連盟主催による、第四十一回全国大会、並びに第八回植木杯争奪戦大会を下記の期日に開催することになりました。諸先生方のご協力と御支援の程宜しくお願いいたしますとともに、貴傘下会員へお知らせ願います。
午前中に植木杯、午後に全国大会が開催されます。

                           記

日  時    平成29年 5月 21日(日)

 

時  間    午前9時00分開始

 

場  所    栃木県真岡市二宮体育館(旧二宮運動公園体育センター)

        真岡市堀込1000番地(0285−74−3177)

 

参加費(昼食代込) 六千円也、(ただし、全日本抜刀道連盟会員五千円)

 

                  主催      全日本抜刀道連盟

                   主幹      全日本抜刀道連盟栃木支部

 

締め切り日   平成29年4月30日 FAX 0285−73−1029
            

 

植木杯        1、据物斬りの部

                男子の部 1枚巻7本重ね

         女子の部 1枚巻5本重ね

       2、横並びの部

                男子の部 1枚巻7本

         女子の部 1枚巻5本

 

全国大会      3、形の部    (トーナメント制)

                初段以下 (連盟制定形  初伝の中から2本)

                二段三段 (連盟制定形  中伝の中から2本)

                四段以上 (連盟制定形  中伝の中から2本)

       4、試斬の部  (トーナメント制)

                初段以下  一回戦〜準々決勝 袈裟斬り左右と逆袈裟斬り(流れに乗って)

                      準決勝 五段斬り 決勝戦 三位決定戦 六段斬り

                二段三段  一回戦から巻藁2本で二人の敵の自由斬り

                四段以上  一回戦から巻藁2本で二人の敵の自由斬り

                              準決勝、決勝、三位決定戦は巻藁3本で三人の敵の自由斬り

       5、団体戦    先鋒、中堅、大将の三人で、巻藁1本を六段斬り(1人二段ずつ)

                     原則として支部単位とするが、混成チームも認める。

                     巻藁は1枚巻、ただし、準決勝、決勝、三位決定戦は2枚巻。

 

 [各種問合せ先]    大会事務局  

         修道館 杉山浩司  〒321−4507  真岡市石島633−1

          TEL0285−74−3499 FAX0285−73−1029 

          携帯090−3215−9848 E-mailplatinumsugi@yahoo.co.jp


植木杯争奪戦競技要領、及び注意点

1.   試斬は1回のみ。刃合わせは一回のみとする。

2.   据物斬りは1枚巻きの藁を横に積み重ね、巻藁に対して垂直に斬る。斬れた本数で判定する。例;4本完全に斬って5本目が3/10本であれば、4.3とする。

3.   横並びは1枚巻きの藁を立て、斬れた本数により順位を決する。斬る角度は指定しないとする。

 

 

全国大会における注意点

 

試斬の部、敵の想定; ただ斬るのではなく、目付、残心、心の余裕(静・動・間・美・心)で斬る。

              敵の位置は自由に設定して構わない(巻藁の立てる位置は変えても良い)。

              抜刀してからすべての敵を斬るまでの全体の動作が停止すれば減点。 一つの流れで斬る。

 

大会参加資格及び使用する日本刀について】

   本大会に参加しようとする者は、日本刀の取り扱いについて十分な知識、技能を有し、かつ、武士道精神を基に礼儀を心得ている者とする。

   また、本大会で使用する日本刀は、銃砲刀剣類所持等取締法の登録を受けたものであり、かつ、いわゆる日本刀としての尋常な形態であることを要件とする。

 

 

 

 

*登録証は必ず持参してください。

 

 

 

 

*事故はあってはなりませんが、大会当日、

万が一負傷した場合には、即、主管である修道館関係者
(代表杉山浩司)に相談してください。