2018年台湾支部講習会昇段審査会報告
       

2018年の台湾支部講習会は3月24日に屏東で行われました。

連盟本部から向井先生・山藤先生・そして私佐藤が参加いたしました。

今までは新竹の和興会の道場で行われておりましたが、今回の講習会場は屏東のスポーツセンターで行われました。
屏東の会員はここで練習をしております。施設は広く天井も高く床はフロアーで抜刀道の練習には良い環境です。

23日に高雄の飛行場に着くと、台湾の会員と屏東の道場主 李 琬樺さんが迎えに来ておりました。(写真1

24日の午前中は、全日本抜刀道の形の講習、初伝と中伝の二つのグループに分け指導をいたしました。(写真2.3.4.5.6

午後は斬りの講習と昇段審査を行いました、昇段審査は初段が5人、、二段は一人が受けました。
審査はビデオ撮影し結果を後日審判委員会が日本で審査してからとなります。

講習会終了後は、台湾支部の会員と夕食を共に交流を深めました(写真7

25日は戸山流の講習会をおこない、午前中は形の講習で形と組太刀を指導し午後は斬りの講習を行いました。(写真8

26日は観光で、お酒の工場・水族館・夜市などを見て回りました。(写真9.10

27日 朝の4時にホテルを出発しお昼に成田空港に到着し今回の台湾講習会を終了いたしました。

 

                                       全日本抜刀道連盟 事務局長 佐藤長次

        
   
       
       
     
       
       
   
       
        
     
       
        
   
  昇段審査の結果は後日会員サイトに記載されます。。