平成30年度大中華支部講習会及び昇段審査会報告
                                                                  事務局長 佐藤長次
今年の大中華支部の講習会は11月11日・12日香港で行われました。
本部から酒井田会長と私佐藤が出席し二日間講習を行いました。
11日は「形」の講習、初心者は私が初伝を指導しました。酒井田先生は中伝を指導しました。 (画像1,2)
  講習会終了後は、中国武術のパーティー会場で大中華支部が抜刀道の演武を頼まれており、大中華支部の会員の他、
会長と私が参加しました。(画像3)
 
   
  演武には、多くの見学者の中、大中華支部の会員と酒井田会長が行い、会長の技斬りは盛大な拍手を受けました。(画像4)     
  中国の清朝末期時代(19世紀)の武術家の大家、黄飛鴻(コウヒコウ)を主人公とした映画が数多く作られおります。
(画像5)
 
   
  12日は、斬りの講習と昇段審査が行われ、昇段審査では初段4名、二段1名、三段が2名、四段は1名、合格しました。
(画像6,7)受験者の皆さんは前もってかなり練習をしていた様子で、「形」「斬り」とも良くできておりました。
大中華支部の皆さんは年々レベルも上がってきており、今後の活躍を期待しております。
 
   
         
       
     
   1  2  3    
       
   4  5  6    
       
   7