大中華支部巡回講習会・昇段審査報告
                             深圳~福州~北京  
                                                       全日本抜刀道連盟 渉外部長 飯塚安元  
     
  11月6日から11月17日まで中国巡回講習会及び昇段審査会を各地で行われました。 連盟本部からは酒井田会長、佐藤事務局長、向井先生、飯塚渉外部長の先生方が参加されました。  
 
 
  ●1日目11月6日向井先生と飯塚は羽田空港から、酒井田先生と佐藤先生は成田空港から香港に向かいました。香港空港には文傑大中華支部支部長と香港の会員が出迎えてくれました。その後車で深圳のホテルに到着しました。   
     
  ●2日目11月7日、深圳の弘藝會の道場は新築中の大きなマンションの6Fにあり、初日は全拔の「形」講習を行いました。
又、この日は广州から参加された「广州集腎館の会員に大中華支部广州分会への認定書が酒井田会長より手渡しされました。
 
 
        
  ●3日目11月8日 斬りの講習と昇段審査が行われました。皆さん、かなり稽古をされたようで問題なく全員合格されました。   
     
     
  ●4日目11月9日 深圳から飛行機で福州に向かいました。空港でのチェックは厳しく、佐藤先生はスマホのバッテリーがノーブランドのため没収され、私はバックの中に入れてあった鼻洗浄用の塩が薬物ではないかと薬物検査?でかなり長い時間調べられました。   
     
  ●5日目11月10日 福州尚武道館は会員の会社の工場の建物2F部分を改装して作った道場でした。床はクッションフロアーが敷いてあり、壁と天井は白の漆喰が塗ってあり、とても広くきれいな道場でした。

初日は抜刀の基本と初伝の「形」を稽古し、講習会終了後は皆さんと夕食をともにしました。高級レストランで料理は見た目も綺麗でとても美味しかったです。

 
 
     
  ●6日目11月11日 この日が誕生日の会員がおり、斬りの稽古の前に誕生日のお祝いを皆で行いました。   
         
     
  ●7日目11月12日 福州から北京に飛行機で移動、福州との気温差が20度以上あるとのことでしたので、寒くないように厚着をして北京入り、ホテルにチェックイン後に早々、北京の道場「五輪館」で指導者講習会を行いました。   
     
  ●8日目11月13日 この日は一日北京観光をセットして下さいました。万里の長城では、ケーブルカーで山頂まで登りました。
前々日雪が降ったとのことで防寒着と手袋を用意しました。午後は天安門広場を見学。
 
 
       
     
  ●9日目11月14日 北京講習会初日は、午前中は指導者講習会、午後は刀法の基本操作と初伝の一般講習を行いましたが、受講者が多いので四つのグループに分け講習を行いました。   
     
  ●10日目11月15日 午前中は道場の指導者に基本の斬りを指導し、午後は一般会員の斬りの講習を行いました。
受講者は多かったですが斬る藁は十分用意されておりました。
 
 
       
       
       
     
  ●11日目11月16日 午前中は五輪館の指導者講習会で基本の斬りを指導し、午後は北京の空港から深圳に到着。
深?のホテルで休みましたが、佐藤先生だけは香港の会員の刀の手入れを行うために車で香港の道場へ向かいました。刀の手入れが終わったのは朝五時までかかったそうです。
 
     
  ●12日目11月17日 香港の会員の刀の手入れで大変な佐藤先生とは香港の空港で集合、夜七時羽田空港に到着し今回の大中華支部の講習会を無事終了しました。来年度は天津での講習会も予定されております。   
  最後に今回の講習会に同道された先生方には大変お世話になり有り難うございました。
これからの大中華支部の活躍に期待を致します。